知って得する豆知識!血糖値・糖尿病・便秘とは?

知って得する豆知識

血糖値とは

血糖値は血液中のぶどう糖の濃度を示す値のことを言います。

健常な成人の場合、空腹時は血液1デシリットルあたり80~110ミリグラム、食後2時間で80~140ミリグラム程度に保たれています。

食物が摂取されて血糖値が上がると瞬時に膵臓からインスリンが分泌されます。

また、発熱や過度の痛みやストレスでも血糖値が高くなります。

このインスリンの分泌量が少なかったり、十分な量が分泌されていても働きが悪いと慢性的な高血糖の状態が続きます。

食事で摂取した糖質は小腸で消化されグルコースとなり、血液とともに全身に運ばれ、細胞のエネルギー源として消費されます。

血糖値が低下するとグルカゴンやアドレナリン、糖質コルチコイドなどの作用によって肝臓のグリコーゲンが分解され、グルコースにとして血液中に放出されるため、血糖値はほぼ一定に保たれます。

 

糖尿病とは

糖尿病は、インスリンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまう病気です。

インスリンは膵臓から出るホルモンであり、血糖を一定の範囲におさめる働きを担っています。

血糖の濃度(血糖値)が何年間も高いままで放置されると、血管が傷つき、将来的に心臓病や、失明、腎不全、足の切断といった、より重い病気(糖尿病の慢性合併症)につながります。

また、著しく高い血糖は、それだけで昏睡などをおこすことがあります。

糖尿病になる要因はさまざまで、食生活などの環境因子と体質(遺伝)の組み合わせで起こると考えられています。

基本的に膵臓(のβ細胞)からの分泌能の低下やインスリン抵抗性によって起こるのが2型糖尿病です。

1型糖尿病の場合はβ細胞が誤って自己免疫によって破壊されてしまうため発症します。

 

便秘とは

便秘とは一般的に、大腸内の便の通過が遅くなったり、腸内に便が長時間とどまるなど、排便が順調に行われない状態のことをいいます。

排便のない状態が3日程度続いたら、便秘だと思ってよいでしょう。

  • 量が少ない
  • すっきり出た感じがない
  • 便が硬く、なかなか排泄できない
  • 排便の間隔が不規則

などの状態があれば、便秘といえます。

(参考:https://ganclass.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)